「肉を焼くだけじゃない!?」ザイグルで出来るレシピ集まとめ

「肉を焼くだけじゃない!?」ザイグルで出来るレシピ集まとめ

 

そもそもザイグルって?

 

ザイグルとは炭火焼き同様に、赤外線の力を利用した卓上調理器具です。直火調理に付き物の煙や油がハネるといったことが少ないというのが料理をしていて嬉しい点の1つではないでしょうか。

 

ザイグルは、赤外線の力を利用しての調理になりますが、赤外線は実際に調理をするプレートの上に位置するフードと呼ばれる部分のヒーターから送られる形で、プレートの下から熱を加えることがないのがパッと見の特徴でしょう。ザイグルは、電気で熱を発生させる電熱器具でありながら、直火ならでは美味しさと調理中に出る煙や油ハネが少ないといった快適さを併せ持っている点が最大の特徴と言えます。最近では、人気の焼き鳥屋さんでも炭火ではなくあえて赤外線ヒーターで焼いているお店も多くなっていますが、煙が少ないのでお客様の洋服などに匂いが付きにくくなることも理由の1つのようです。

 

ザイグルでの調理というと、焼肉や焼き魚、焼き鳥などが真っ先に思いつきますが、その他にも美味しいものが色々美味しく味わえる楽しさがあります。ここではザイグルで美味しく出来ると有名な唐揚げ・焼き芋の他、お好み焼き・餃子・ピザまで、ザイグルで楽しめるレシピを紹介したいと思います。

 

 

ザイグルで作るから揚げ

 

フードは3段・予熱1分・仕上がりまで約9分です。食べやすいサイズにカットした鶏のもも肉、もしくは唐揚げ向けに売られている鶏肉に市販の唐揚げ粉を塗してプレートに乗せます。そのまま5分ほどおいたら裏返して、更に4分ほど加熱したらOK。油を使わずに鶏肉から出る油で揚げることが出来てしまいます。表面はカリッと中はジューシーな美味しい唐揚げの出来上がりです。

 

 

ザイグルで作る焼き芋

 

ザイグルを使うと、本格的な石焼き芋にも負けない焼き芋が家庭で味わえます。フードは2段・予熱なしで始めて仕上がりまで約40分です。プレートに油などは一切使いません。40分間芋の表面が焦げないように、10分〜15分おきに焼け具合を見ながらコロコロ転がしていればOKです。テレビを見ながらやお喋りしながらコロコロ転がしてあげましょう。すると、香ばしいとてもイイ感じの匂いは漂ってきます。40分ほどコロコロやったら爪楊枝などを刺してみて、スッと入ったら出来上がり。まさしく石焼き芋風、ホクホクの焼き芋のの出来上がりです。

 

 

ザイグルで作るお好み焼き

 

ザイグルを使えば、お好み焼きも美味しく出来てしまいます。お好み焼きに使うレシピは、まさしくお好みでOK。市販のお好み焼き粉にキャベツの千切り・豚バラ肉・卵などが基本スタイルですが、何でもござれでしょう。
予熱で5分ほど温めておいて、まずは豚肉などお肉類を焼きます。その上にお肉が隠れるくらいにキャベツを混ぜたお好み焼き粉を溶いた生地を15cmくらいに丸く広げて数分焼いたら裏返します。更に数分焼いたら完成です。コツとしては生地の水気が多いと、ザイグルのプレートの中央に向かって流れやすくなってしまうので、チョッと水気が少ないくらいが丁度良いかもしれません。

 

 

ザイグルで作る餃子

 

焼き途中で水を足して蒸し焼きにするスタイルの焼き餃子は、ザイグルは少々苦手の様子。どうしてもプレートの中央に向かって水気が流れてしまうので難しいが正直な点。でも、餃子の皮を使ったミニピザはザイグルが得意とするところ。餃子の皮をプレートに並べ、ピーマン・トマト・ベーコンなどのお好みの具材を並べた上にチーズを置けば、餃子の皮を使ったサックサクの食感のミニピザの完成です。

 

 

ザイグルで作るピザ

 

スーパーなどで売られている冷蔵・冷凍ピザも、ザイグルで焼くと本格的なピザとなってしまいます。裏返す必要もなく、チーズもトロトロです。表面はパリッとしているのに中はフワフワ。冷蔵タイプでも冷凍タイプでもどちらも美味しく仕上がります。